研究内容総括

・中小企業を取り巻く、マーケティングやプロモーション
・中小企業に、大まかなトレンドや手法の簡単な説明

企業のHP開設状況

(出典:総務省「令和元年 通信利用動向調査報告書(企業編)」)

企業がHP開設をしない理由

(出典:総務省「令和元年 通信利用動向調査報告書(企業編)」)

テレワークの状況

(出典:中小企業庁「2021年版「中小企業白書」」)

オンライン商談の増加状況

(出典:中小企業庁「2021年版「中小企業白書」」)

オンラインでの展開手法

  • オンライン展示会
  • オンライン工場見学

インターネットによる顧客行動とマーケティング活動の変化

before Internet

・顧客は情報を「待つ」=受動的
・担当営業が情報を持ってくる
・企業主体のアウトバウンドマーケティング

  •   広告
  •   飛び込み営業
  •   テレアポ
  •   DM送付
    →プッシュ型営業

after Internet

・顧客は情報を「探す」=能動的
・顧客自らが情報を検索する
  競合製品も含め、比較・検討が可能➡既存顧客が他社に流れる可能性
・顧客主体のインバウンドマーケティング

  •   リスティング広告
  •   SEO集客
  •   メルマガ
  •   ホワイトペーパー
    →プル型営業

紙媒体の活用

  • 製品カタログ
  • パンフレット
  • リーフレット

パンフレットの作成

■フルオーダーメイド:100万円程度
■印刷通販:5万円程度
 →インタビューなどの部分について副業診断士の活躍ができる可能性がある

紙媒体の役割

信用創出に非常に効果がある
・創業時の新規顧客
・取引口座開設
・借入
・新規採用

会社案内の掲載事項(基本情報)

  • 経営理念/代表挨拶
  • 会社名
  • 所在地
  • 連絡先
  • (ホームページURL/電話番号/FAX/メールアドレス)
  • 代表者名
  • 事業内容
  • 取り扱い製品/サービス
  • 設立年月

会社案内の掲載事項(追加情報)

  • 所在地(支店/工場)
  • 組織図
  • 従業員数
  • 資本金
  • 取引銀行/取引先一覧
  • 沿革
  • 工程/生産体制/検査体制/保有設備
  • 福利厚生
  • 若手社員の声/実際働いている画像
  • 職場画像
  • CSR活動/D&I活動/SDGS活動 
  • IR情報                  
  • 取得認定一覧
  • 顧問弁護士
  • 役員紹介

どうしても紙媒体だとスペースが限られている。
 →使用目的と照らし合わせながら、掲載事項の精査/濃淡づけを

紙媒体の制作事例

種類課題解決方法
製品カタログ商品の規格違いなど同一製品のバリエ多い表と図面の対応・ページレイアウト・ページ順など機能性に絞り修正
会社案内取引先・投資家に魅力ある存在だと感じてもらう必要がある自分たちがなぜ起業したのか?今後どうなっていきたいのか?に軸足をおいた構成
曖昧だった企業理念が形になり、社内外に明確に伝えられるようになった
採用パンフレット初めての仕事・環境でも安心して働ける安心感をアピールが必要会社の歴史・社員の顔ぶれを中心に構成
リーフレット低コストで客先に信頼感を与える必要がある会社の特徴・事業内容・会社概要の情報を最小限で網羅

SFAについて

SFAとは

営業活動の記録、進捗状況、顧客情報の管理など、営業活動にかかる業務を支援するためのシステム

管理内容(基本機能)

  • 顧客情報管理
  • 案件情報管理
  • 商談内容管理
  • 営業活動管理
  • 売上予測・予実管理

管理内容(その他管理システム)

  • スケジュール管理
  • タスク管理
  • アクションアラート
  • 日報等のレポート
  • 見積書・承認フロー
  • 情報集計・分析レポート
  • スマートフォン対応

SFA導入のメリットと効果

直接的な効果

  • 営業活動の見える化
  • 営業活動の標準化
  • 営業活動の効率化

間接的な効果

  • 働き方改革の推進
  • 若手へのノウハウ承継
  • 若手にとっての魅力ある職場

ポイント

  • 組織の目的を明確にする
  • SFA導入は目的ではなく手段
  • テレワークとの相性がよい

SFA導入のコストと効果

発生するコスト

  • 1ユーザー 1,500~15,000円/月
  • 機能が充実すると価格up
  • 低価格の製品はITリテラシーが要求される

削減されるコスト

  • 情報共有による教育コスト
  • 生産性向上に伴う固定費

ポイント

  • 価格は1ユーザー5,000~7,000円が中心
  • 必要な機能の絞り込みも大切

SFAの運用体制

運用体制

  • 目的やメリットの理解
  • ツールのサポート体制
  • 説明会やマニュアル作成

継続させる仕組み

  • 入力データの絞り込み
  • マネージャーの積極的な活用
  • 成果の見える化 

ポイント

  • スモールスタートでスピーディーに小さな効果をあげる
  • 組織全員での利用
  • 若手の活用

業務の改善

社内に向けた改善

  • ナレッジの蓄積
  • 情報共有による業務改善
  • 働き方改革

社外に向けた改善

  • 顧客とのコミュニケーションの向上
  • 商品・サービスの向上

ポイント

  • 蓄積した情報の戦略的活用
  • データの蓄積によるAIの活用
  • コミュニケーションの効率化