Web広告利用の背景

インターネットの利用人口の拡大

インターネットの普及率は過去10年で増加しており、80%以上まで拡大している。また、年代別では13歳以上60歳未満の利用率は90%を超えている。

Web広告費の推移と日本の広告市場の内訳

日本の広告費は6兆円超である。2019年にはWeb広告がテレビ広告を抜いて最大のシェアを獲得するようになった。現在の広告費全体の内訳は右図の通りである。

Web広告に取り組む際のポイント

Web広告の特徴

Web広告に取り組む際の留意点

Web広告の目標を明確にするために、目標の設定・達成のためのフレームワーク「SMARTの法則」を活用することが有効である。

Web広告の特徴を理解した上で取り組む広告を決定する。

Web広告の効果を検討する際には、広告媒体ごとの広告接触数とコンバージョン率を理解する必要がある。例えば動画広告は幅広い閲覧者に向けて広告できる一方で、コンバージョン率が低い傾向にある。一方で検索広告はキーワードに応じて表示する場合にはニーズにマッチすることから接触数は少ないもののコンバージョン率が高くなる傾向にある。

広告媒体の選び方

インターネットが普及した現代の消費者の購買行動・購買心理のプロセスを表す「AISCEAS」の法則に当てはめて、自社が狙うターゲット層および目的に合わせてWeb広告を選択すると効果的である。

KPIを用いた成果測定

Web広告の種類